シャトー・デュ・テルトルについて

シャトー・デュ・テルトルの「テルトル」とは、フランス語で「小高い丘」を意味します。その名の通り、シャトー・デュ・テルトルは、標高20mを超えるような、マルゴーの中でも最も高い丘に位置しています。
シャトー・デュ・テルトルが建立されたのは、1000年以上も昔のことと言われています。そのときの所有者は、アルザック村の領主とされています。
その後、17世紀に入ると、アイルランド出身のピエール・ミッチェルがこのシャトーを取得します。ミッチェル氏は、イギリスのガラス瓶製法を導入し、ボルドーで初めてガラス瓶を造った人物として知られています。
今でこそワインの容器はガラス瓶が当たり前になっていますが、当時のワインは「アンフォラ」と呼ばれる陶器でできた細長い筒状の器で保存されていました。ガラス瓶が普及したことにより、ワインの保存性が格段に良くなったため、ミッチェル氏の発明は、ワインの歴史において偉大な功績と言えるでしょう。

2015 CHATEAU DU TERTRE2015 シャトー・デュ・テルトル

2015 シャトー・デュ・テルトル

甘い果実、新鮮な酸味、しっかりとしたタンニンが楽しめるエレガントなミディアムボディ。

ワインタイプ
赤ワイン
ペアリング
牛サーロインステーキ ・ バベットステーキ ・ 焼き肉 ・ 豚の角煮 ・ ポーク竜田揚げ ・ 豚生姜焼き ・ ゴーダ ・ カマンベール・ド・ノルマンディ ・ タレッジョ
産地
マルゴー オー・メドック ボルドー フランス
アルコール分
13.5%

詳細を見る

PAGETOP