シャトー・デュクリュ・ボーカイユについて

『デュクリュ・ボーカイユ』という名前はボーカイユ(美しい小石)という通り、その土地からは色とりどりの小石が多く見つかった事からその名がつけられました。その石のお蔭で畑は水はけが良く、素晴らしいワインが出来る理由の一つとなっています。シャトーの建物は美しいヴィクトリア調で、ボルドーでは珍しく、シャトーの建物の下にセラーが造られています。
シャトーの歴史は13世紀の初めに遡ります。1720年からベルジュロン家の所有となり、国内外で評価が急速に高まりました。1795年にベルトラン・デュクリュ氏がオーナーとなり、自身の名前を付け足した為、シャトーの名前は『ボーカイユ』から『デュクリュ・ボーカイユ』となりました。べルトラン氏はシャトーを改築し、畑の改良に力を入れました。その努力は1855年の格付けで2級に選ばれたことで、報われた、と言えるでしょう。彼の娘がボルドーの議員で役職にも着いていた事もあり、議会の飲み物にデュクリュ・ボーカイユが置かれていたそうです。
ボーカイユ家が71年間と長らく所有していましたが、1866年、100万フランで、ボルドーのワイン商、ナサニエル・ジョンストン氏の妻、ルーシー・キャロリン・ダシエールに売却されました。ジョンストン氏は品種の実験を試みたり、ブドウの病疫について研究したりしました。マネージャーと共にボルドー液を完成させたのも彼です。63年間所有した後、1929年、大恐慌には耐え切れず、シャトーを手放しました。
そして、デスバラ家が購入しますが、彼らも厳しい経済状況に耐え切れず、直ぐに売却します。そして、1941年に現在もオーナーであるボリー家のフランシス・ボリーが購入し、現在に至ります。

2015 CHATEAU DUCRU BEAUCAILLOU2015 シャトー・デュクリュ・ボーカイユ

2015 シャトー・デュクリュ・ボーカイユ

洗練されたタンニンのエレガントな風味を持つフルボディ。かすかな塩味がフィニッシュに残る。

ワインタイプ
赤ワイン
ペアリング
仔羊のロースト ・ 鹿肉のロースト ・ 鴨のロースト ・ 鴨のオイル煮 ・ 牛フィレ肉のステーキ ・ 牛ほほ肉の赤ワイン煮 ・ キノコグリル ・ キノコソテー ・ コンテ ・ ロックフォール ・ スティルトン
産地
サンジュリアン オー・メドック ボルドー フランス
アルコール分
13.5%

詳細を見る

PAGETOP