シャトー・ランゴア・バルトンについて

1821年からバルトン家が所有し、最も古くから所有者が変わっていない格付けシャトーとなっているのがシャトー・ランゴア・バルトンです。
サンジュリアン村で最も高く評価されている「レオヴィル3兄弟」の一つ【レオヴィル・バルトン】とは、所有者が同じであるだけではなく、同じ施設で、全く同じ方法でワインが作られています。
ワインの製造方法はいたって伝統的で、低温マセレーションなども一切行っていません。醸造責任者にその理由を尋ねてみると、「全く必要ないと思っているからだよ」という返答が。“伝統的なスタイルを保ちながら、より洗練されたワインを造る”というのがバルトン風。
古典的なボルドーの良さを残しながら、より洗練された味わいに仕上がっているランゴア・バルトン。長い時間の熟成が必要なワインなだけに、オールド・ヴィンテージのワインがオススメです。

該当の商品が見つかりません。

PAGETOP