シャトー・マショールについて

1992年の終わり頃、現在のオーナーがそのテロワールに『一目惚れして』取得したというこのシャトー、そのブドウ畑の土壌は、鉄分を含む砂利の混じる粘土石灰質。

この独特の土壌と素晴らしい日当たりとが育んだ完熟のブドウから生まれたワインは、深みのある豊かなアロマと美しく鮮やかな酸、そして細やかなタンニンが印象的。

該当の商品が見つかりません。

PAGETOP