シャトー・ポンテ・カネについて

18世紀、当時フランスのメドックの知事であったジャン・フランソワ・ポンテ氏がシャトーを興し複数のシャトーを所有することが全ての始まりです。その後、19世紀になりポンテ家は“カネ”と呼ばれる区画を購入したことからシャトー・ポンテ・カネが始まります。

世界的に影響力のあるワイン専門誌、ワインスペクテーター誌においては「ポンテ・カネのクオリティは格付け5級をすでに超えている」。
同じく世界的に影響力のあるワイン専門誌、ワインアドヴォゲイト誌において2009年、2010年と2年連続してパーカーポイント100点満点の評価を得る快挙。これは、シャトー・ラトゥール、シャトー・オー・ブリオン、シャトー・モンローズ、そしてこのシャトー・ポンテ・カネです。

2015 CHATEAU PONTET CANET2015 シャトー・ポンテ・カネ

2015 シャトー・ポンテ・カネ

バランスが取れ、フレッシュできれいな酸味と融和したシルキーなタンニンを持つ。全体として調和されており、後味は長く続く。

ワインタイプ
赤ワイン
ペアリング
仔羊のロースト ・ 牛サーロインステーキ ・ 鹿の赤ワイン煮込み ・ 牛フィレ肉のステーキフォアグラ添え ・ ポークのパテ ・ グリュイエール ・ フロム・ダンベール ・ コンテ ・ グリュイエール
産地
ポイヤック オー・メドック ボルドー フランス
アルコール分
13.5%

詳細を見る

PAGETOP