シャトー・プリュレ・リシーヌについて

フランス語で“小修道院”という意味のプリューレと、以前オーナーであったアレクセス・リシーヌ氏の苗字を取って名付けられているのがシャトー・プリューレ・リシーヌです。
その名前が示すとおり、もともとはたった4haの土地で修道院のミサ用に細々と作られていたワインが評判となり、市場に出回り人気を博すようになった、そんなエピソードが残されています。

多くの砂利が堆積し、マルゴー地区の格付けシャトーの畑が集まる“カントナックの丘”の上にある畑は、マルゴーの中でもトップクラスです。アレクセス・リシーヌ氏はこのシャトーへ多大な投資を行い、近年にはサンテミリオンの有名醸造家であるステファン・デュルノンクール氏がコンサルタントになったことで、一段とその品質は向上してきています。
プリューレ・リシーヌのブドウ畑は、大部分が“カントナックの台地”の上の、ギュンツ氷期の小石が多く堆積する砂利質の土壌のところにあり、合計で約70haです。このシャトーでは白ワインも作っているのですが、ブドウ畑の大きさは1.6haと小さめで、かなり小規模です。

2015 CHATEAU PRIEURE LICHINE2015 シャトー・プリュレ・リシーヌ

2015 シャトー・プリュレ・リシーヌ

豊かでなめらかな黒い果実の風味。しっかりとしたタンニンの上品でバランスのとれていて、マルゴーらしい上品でエレガントな味わいも楽しめる。

ワインタイプ
赤ワイン
ペアリング
牛フィレ肉のステーキ ・ ビーフカツ ・ 鴨のロースト ・ ポークソテー ・ すき焼き ・ ウナギの赤ワイン煮込み ・ ゴーダ、 ・ カマンベール・ド・ノルマンディ ・ タレッジョ
産地
マルゴー オー・メドック ボルドー フランス
アルコール分
14%

詳細を見る

PAGETOP